CRMシステムがあれば情報がスムーズに廻る

情報戦略の効率化に不可欠

男性

商品の製造工程ではオートメーションが一般化していますが、マーケティングの分野でも同様に自動化が進んでいます。情報発信からリード取得・管理に関わるマーケティング業務自動化により、戦略面への注力が可能となるのです。顧客データ分析を情報発信に活用したマーケティングオートメーションの事例も多く見られます。

ネットショップの負担軽減

オフィス

ネットショップを開業しても思うように業績が上がらなかったり、人手不足で運営に手が回らなかったりする例は少なくありません。そのような企業でも運営代行サービスを利用すれば負担が大きく軽減されます。ECサイト更新やメルマガ配信・SEO対策に関する高度な運営ノウハウも、代行サービスを通じて活用できるのです。

顧客情報の一元管理

女性

顧客満足度向上

コールセンターにおいてはCRMシステムを利用するケースが多くなっています。かつては問い合わせ内容などを記録するだけのツールが基本的でしたが、顧客情報とその管理を一元化させることで、トータルサービスの向上をすることができるようになります。受注センターなどではリピーターの顧客に対しては、電話番号やIDなどを申告するだけで、顧客情報を呼び出すことができるようになっています。これがCRMシステムにおけるメリットになっているのです。オペレーターは、顧客情報をキーワードをもとに検索します。本人確認を経て本題へと移行します。受注であれば、その情報を登録します。コールセンターのオペレーターの役割はこれで終了となります。しかしその後顧客サービスは、商品発送などへと移行します。商品発送する部署は、登録された内容をもとに商品発送処理を行います。物流センターなどを連携を取り顧客への商品発送を行います。発送後、会社としての処理は完了しますので、CRMシステム上の処理はクローズとなります。もちろん発送状況などの問い合わせが再びコールセンターに入電があった際には、この履歴情報を参考に回答することになります。一連の流れを一つの情報として集約させることで、どの部署に問い合わせや照合依頼があっても速やかに回答することができるのです。顧客管理の面で、最も優れたパフォーマンスを出すことができるのがCRMシステムなのです。